不老不死の生命体?ベニクラゲの謎

新学期から早2週間。 そろそろ仕事の疲れがたまってきて、ストレスを抱えている人が増えたのではないでしょうか? ストレスを抱えて生きて何ぼと言われるのが日本人です。 溜まりにたまったストレスを発散したくてもなかなかできないのが今の社会です。 ストレスがたまりすぎると寿命が縮まるとまで言われています。 そんな人間とは反対に、ストレスを抱え込むと細胞分裂によって若返る生物がいます。 …

続きを読む

コンビニで販売されているパンがかびにくいのは防腐剤ではない?

ヤマ○キ春のパン祭りの季節ですね。 日本人は欧米人に比べて唾液の分泌量が少ないため、やはりご飯派が多いようです。 しかし、毎朝食パンでないとダメという人も少なくはありません。 ところで、皆さんは食パンを食べたいときに食パンを買いに行きますか?それとも自宅のパン焼き器で焼きますか? コンビニなどで買うパンには消費期限が記載されていますが、消費期限が過ぎても開封しなければ、すぐにカビ…

続きを読む

チョウとガの違いなんだろう?

新学期も始まり、公園ではタンポポなどの花が咲き始めました。 それと同時に、冬を超えた昆虫たちも活動を始め、モンシロチョウなど様々なチョウが飛んでいます。 また、夜には街灯にガが集まって飛び回っています。 しかし、昼に活動するものが「チョウ」で夜に活動するのが「ガ」と決めつけていいのでしょうか? なんとなくきれいな色をしているのがチョウで、茶色く触りたくないような色や模様をしている…

続きを読む

4つ葉のクローバーが見つかる確率は?

最近は外で遊ぶ子どもが減っていると言われていますが、公園に行けば元気よく遊んでる子どもをたくさん見かけます。 筆者も昔はよく公園に遊びに行き、夕方には泥んこになって家に帰ったものです。 そんな筆者が一時期はまっていたのが4つ葉のクローバーを探すことです。 これがなかなか見つからず、1日かけても1つあるかないかというものでした。 では一体どれくらいの確率で4つ葉のクローバーが見…

続きを読む

注射は痛いのに、蚊に刺されてもほぼ無痛?実はすごいモスキュート

小さい頃に思いました、「痛くない注射針があればいいのに」っと 点滴でも注射でも、針を刺されるとやはり痛いです。 小児科のお医者さんは泣き喚く子どもにどうやって的確に針を刺しているのだろうと考えた時もありました。 しかし、みなさんは蚊に刺された時に痛みを感じるでしょうか? 腕に蚊が止まり、「あ、刺される」と思うと、もしかしたらチクっとする時もあるかもしれませんが、別に痛いというわけ…

続きを読む

もしメタノールを飲んでしまったら?命が助かるには…

先日このようなニュースがありました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160309-00000013-kobenext-l28 理系の研究者としては、薬品を使った犯罪は非常に残念に思います。 しかし、メタノールは日常生活の様々なものに含まれている可能性があります。 万が一メタノールを誤飲してしまったとき、どのような対処をすればいいのでしょうか? …

続きを読む

28℃の水と、28℃の部屋。どちらが冷たい?熱の伝わり方

3月7日はサウナの日と言われています。 サウナは高い美容効果が期待でき、女性の方に非常に人気です。 サウナとは、湿度100%・室温80℃以上という環境を作りだした空間のことです。 そこに入ることにより、人間は体温を低下させるために汗を出します。 汗が噴き出ることによって毛穴が広がり、角質が取れたり老廃物が体外に出ます。 すると、肌がツヤツヤになり、結果として美容に良いと考えられてい…

続きを読む

コラーゲンを摂取しても美容のためにならない?

冬は鍋がおいしい季節。 都会に行けば鍋専門店など、様々なお店で鍋が提供されています。 そのうちの一つに、「もつ鍋」というものがあります。 もつ鍋とは「ホルモン」を多く含む鍋であり、「ホルモン」は多くのコラーゲンを含んでいることから、美容効果として最適であるということが巷で言われています。 しかし、本当に「コラーゲン」が美容に最適なのでしょうか? 今回はそのなぞについて解説します。 …

続きを読む

口笛はなぜ遠くまで聞こえるの?

ハ○ジのオープニングテーマにこんなフレーズがあります。 「口笛はなぜ遠くまで聞こえるの あの雲はなぜ私を待ってるの」 あの雲がなぜ待っているかはわかりません。 気のせいでしょう。 今回問題なのは,「口笛はなぜ遠くまで聞こえるの」かです。 世界で一番上手に口笛を吹ける人の音は非常に美しく,マイクなしでも会場に響き渡るそうです。 なぜ,口笛はこれほどまでに響くのか考えていきた…

続きを読む

花粉症はどうして起こるの?花粉症が発症するメカニズム

2016年の2月は例年よりも暖かく,例年以上に花粉が散乱し,花粉症になったことのない人でも発症する可能性があると言われています。 毎年花粉症に悩まされる人たちにとってはこの季節が非常に億劫です。 筆者は花粉症に悩まされていないのですが,毎年マスクをつけたり予防に努めています。 しかし,花粉が散乱することで人間がなぜ「くしゃみ」や「鼻水」に悩まされるのでしょうか? 今回は花粉症のメカニ…

続きを読む