口笛はなぜ遠くまで聞こえるの?

ハ○ジのオープニングテーマにこんなフレーズがあります。
口笛はなぜ遠くまで聞こえるの あの雲はなぜ私を待ってるの」

あの雲がなぜ待っているかはわかりません。
気のせいでしょう。

今回問題なのは,「口笛はなぜ遠くまで聞こえるの」かです。
世界で一番上手に口笛を吹ける人の音は非常に美しく,マイクなしでも会場に響き渡るそうです。

なぜ,口笛はこれほどまでに響くのか考えていきたいと思います
sp-003-01.png

まず「音」というものは,音源が出している振動が空気を伝って鼓膜を振動させ,脳が「音」として認識したものです。
音源が高い振動を起こしているものほど音が高く,低い振動ほど音が低くなります。
この振動の逆数をとったものを周波数と言います。
周波数はラジオでおなじみの「Hz(ヘルツ)」という単位で表します。

口笛の周波数は人間にとって聞こえやすい範囲に含まれます。

聞こえやすい範囲に含まれる音の例として,「子どもの声」「笛の音」「チャイムの音」などが挙げられます。
これらの音は,大人の声や濁った音とは異なり,混ざり気のない澄んだ音且つ高い周波数をもつものであるため,遠くにいてもよく聞こえます


音は周りの環境でも聞こえ方に変化があります。
アルプスの山をイメージしてください。
木が生い茂り,羊が歩き,小屋がある,あの情景です。

地上から高い位置にあるため,気圧は地上よりも低いですが,音は気圧に関係がないため,今回は無視します。



アルプスの山は非常に空気が澄んでいます。
そのため,空気中に漂っているゴミなどに音の振動が邪魔されることなく,広範囲に響き渡ります
さらに,ビルや建物がないため,音が反響したりする条件が全くありません

つまり,アルプスの山では遠くまで音がまっすぐ進むのです。

これらの理由から,ハ○ジの口笛は遠くまで聞こえるのです。
結果を言い換えましょう。
ハ○ジの口笛は山を下りれば遠くまで聞こえません

口笛が遠くまで聞こえているのも,もしかしたら気のせいなのかもしれません。

ブログ人気ランキングに参加しています!

雑学・豆知識ランキングへ

トップページ
http://sciencenet.seesaa.net/


この記事へのコメント